2007年7月発足以来続いている一期一会の飲み仲間
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]
  【大腰筋を鍛えなさい】・・・筑波大学大学院教授 久野 譜也氏 より抜粋

当てはまったら要注意! 今すぐチェックしておきたい20のリスト

 

     最近ちょっとした段差や、たいしたことのない障害物に足を引っかけたり、つまずいたりすることが多くなった

   ここ数年、運動らしい運動をしていない

   ペットボトルのふたをひねって開けるのに少し苦労するようになった

   以前に比べて、歩くスピードが遅くなったような気がする

   長い時間座っていると、いつの間にか猫背になっていることが多い

   この頃、ちょっと仕事や家事を頑張っただけで疲れてしまい、以前よりも無理が利かなくなった

   片足立ちで靴下を履くときに、よろけることが多くなった

   駅やデパートでは、必ずエスカレーターやエレベーターを使う。階段はどうしようもないとき以外は使わない

   近くのスーパーへ買い物に行くのにも、車を利用することが多い

   腰やひざに不安を抱えている

   20代の時よりも、10キロ以上体重が増えている

   テレビや雑誌で取り上げられている「○○ダイエット」「○○健康法」をやっても痩せられないことが多い

   若い頃、食事制限だけの無理なダイエットを行い、リバウンドしたことがある

   最近、太りやすくなった気がする

   健康診断でメタボに注意するように指示された

   BMI[体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)]が25以上である

   休日は一日中家の外に出ないことが珍しくない

   基本的に運動嫌いだ

   いまは取り敢えず、健康に問題はなさそうだから、運動などを始めなくても大丈夫だと思っている

   自分の老後の健康に不安はあるけれど、とりあえず今は何の対策もしていない

 

いかがでしょう?

 これらの項目は、筋肉が減少してきた人によくあらわれる特徴や傾向をまとめたもの。

 当てはまる項目が多い人ほど、ゆくゆくサルコペニアやサルコぺ

ニア肥満になるリスクが高いということになります。

 40代、50代で「ひとまず今は健康」だと思っていて、体の衰え防止のために「今は特に何もしていない」という人こそ、最も筋肉減少の罠にはまりやすい。

 もっとも端的に言えば、こういう方々が60代、70代になると、サルコペニアやサルコペニア肥満となり、いろいろな苦労や病気を背負い込むことになるのです。

 

<自慢じゃないが・・・、今の私(75歳時点)には、この20項目に当てはまる項目はほとんどありません!>


<以下、次回>

 最近の通勤時間・電車内では、もっぱら頭を鍛えることにしている。
 といっても、受験勉強しているわけでも、仕事上必要な勉強しているわけでもない。
 目的は、ボケ防止・時間つぶし?の様なものである。今は3科目をその日によって選択している。ミックスして読んでいるときもある。
 一つは、懐かしい国語・・・もっぱら漢字、熟語の読み方と、意味の勉強。もう一つ社会科は世界史・・・これが一番面白い。時には、海外旅行を思い出しながら、一人興奮に浸って?いる。あと一つは、保健体育だが、実技は別途スポーツクラブで、となるので、通勤時間帯では、もっぱら理論・知識編というところだ。
 
 その中から、保健体育編で読んでいるのが、「大腰筋を鍛えなさい」という本である。おもしろいので、その中から少しピックアップしてみた。以下、何回かに分けてアップしてみようと思う。

毎年、誕生日を迎えるたびに筋肉は1%減っていく!

     20代を100とすれば、

    50代  30%減

    60代  40%減

    70代  50%減

人間の筋肉は、20代をピークとして、以後、中長期的に細く小さくなっていき、およそ年1%(10年で10%)の割合で、じわじわと減っていく。これをサルコペニアという。

この筋肉量の低下こそが、体の疲れが抜けない原因である。

 

80代でも90代でも筋肉は増やせる

 ・ありがたいことに、筋肉はどんなに年をとっても増やすことのできる器官です。

 ・運動すれば、80代であろうとも90代であろうとも筋肉量を増やせることが科学的に証明されている。

 ・何歳からでも10~20%程度増やすのは十分可能。

 ・中高年になったら、「筋肉をつける運動」をしっかり行っていくべき。

 ・筋肉減少の流れが変われば、からだの老化の流れも変わる(老化のスピードを緩めることができる)。

 【ちなみに、ローリング・ストーンズのミック・ジャガーは、70歳の誕生日にこんなことをインタビューで・・・、「私の1週間の運動のメニューの中には、ジョギング、水泳、サイクリング、キックボクシング、それにバレェやヨガ、ピラティスも入っている…」】・・・・私の種目より多い!

 ・日々運動してコンスタントに筋肉に働きかけていけば、たとえ70代でも十分【老化】の2文字に逆らっていける。それをミックは体現してくれているわけです。

 

「メタボ」よりも怖い「サルコペニア肥満」

 見た目が結構ふくよかだったり、一見健康そうな普通の肉付きだったりするのにもかかわらず、からだの中身を調べると実はかなり筋肉が落ちていたというケース、そういった筋肉減少のパターンを医学では「サルコペニア肥満」と呼んでいる。

 簡単に言えば、「サルコペニア」と「肥満」が合体したもの。すなわち、「サルコペニア進行による筋力低下」と「肥満による脂肪蓄積からくる内臓疾患リスク」とが合わさった状態です。

 どんなリスクが高まるのかというと、例えば、高血圧発症リスクは、標準に比べて男性で1.7倍、女性で2.3倍高くなります。

 また、高脂血症のリスクも高まりますし、心臓病や脳卒中などの動脈硬化系疾患のリスクも高まります。糖尿病につながる危険因子の値に至っては、なんと19倍にも跳ね上がります。そのうえ、筋量低下で体力や生活機能が低下してくるため、骨折や転倒によって寝たきりになるリスクもぐっと高まるのです。

 サルコペニア肥満は女性に多い傾向があります。「筋肉の割合」と「脂肪の割合」がすっかり入れ替わってしまった状態は若いうちに重大な病気になったり、からだを痛めてしまったりする可能性も高まるし、肌が衰えてきたり、疲労しやすくなったりして早く老け込んでしまう可能性も高まってくるのです。

 もう一つ、見逃せない大きな理由が、「無謀なダイエット」「食事制限オンリーのダイエット」➡「筋肉が落ちて、基礎代謝が低下」➡「リバウンドして体系が戻り、筋肉は落ちたまま、脂肪が大幅に増える」と云った繰り返しで体型は以前とそんなに変わらないのに、からだの“中身のバランス”が、筋肉が少なくて脂肪が多い状態にすり替わってしまった


わけです




<健康の要は“歩く力”>・・・資料:SUNTORY【美感遊創】vol.176

                              監修・渡辺一郎氏 伊能忠敬研究会名誉代表

散歩やウオーキングなど、歩くことは一番手軽な健康法。

しかしこの数年、健康科学の分野では、新たに分かってきたことがあります。

それは、ただ歩くより、力強く、さっさと早く歩ける脚の力が、年を重ねるにつれ、とても重要になってくるということです。

ばねと筋肉のある“脚”こそが、今後の人生の重要なサポーター!

その理由は何? これからでも強い脚をつくる方法は?

・・・登場していただくのは、

知る人ぞ知る歩みの達人、

伊能忠敬です。

 

【先人に学ぶ、歩み

 江戸時代に日本中を歩き回って初めて日本地図を作った人、伊能忠敬。

ご存知の方も多いと思いますが、その総歩行距離はなんと地球1周分、約4kmに及ぶと言います。それも地図作りを目指して歩き始めたのは隠居後の55歳から。平均寿命が3040歳ぐらいともいわれる江戸時代に、71歳になるまでの16年間を歩き続けたその健脚ぶりには、目を見張るものがありますが、実は、もともと体は弱い方だったというのですから、驚きです。

 

55歳時点というと、私が第1回?定年退職の年だ。私の場合は、それから20年間、仕事を継続してきたが、歩いた距離は、せいぜい2km・地球半周分と推計される。計算基礎はこうだ。週20km×52/年×20年≒20,800km・・・1週間に通勤時往復20km歩いた想定である。実際にはもう少しプラスαがありますが…)

 

【まず、からだをよく聞く

 伊能は、自分が虚弱体質であることをよく知っており、健康には細心の注意を払っていたようです。地図づくりは根気も体力もいる長丁場の作業です。しかも当時でいえば高齢、55歳からの挑戦ですから、体をこわせば元も子もありません。

 疲れたときは無理をせずに休む、食事にも気を配り、持病の薬は常に欠かさないなど、様々な記録を見ると、健康管理には人一倍気を使っていた様子がうかがえます。

 食べ物の好みは、豆腐、鶏肉、鰹節、長芋、菜類等で、ぜいたくなものではありません。

 自分の体の声を聞き、何を補給すればよいのかきちんと知っていたんですね。

 

【さらに、広い歩幅歩き続ける】

 当時の資料や書簡から、伊能の歩幅は約6669cmと推計されています。着物の丈などから推測される身長は160cmぐらい。身長から考えればかなり広い歩幅で歩いていたことになります。(私が身長164cmで、早足で70cmである・時速6kmで歩いている)

 おそらくそれは、出来る限り早く地図を作る必要があったため、初めての測量の時からかなり急いで歩いたからだろうと解釈されています。

 急いでいたため、歩幅が自然に広がって歩行速度が上がり、歩く力が高まるという好循環に。その結果、高齢にもかかわらず歩き続けることができたのではないでしょうか。

 歩き続けて完成させた地図という成果のほかに、測量で培った歩行力が当時では歴史に残る長生きにつながったのでしょう。

 

(脚の力って、本当に大切なんですよね。最近は、ゴルフでもめっきり歩かなくなってきて、カート頼み。せめてゴルフの時は歩こう!

伊能忠敬ばりに、55才からもっぱらゴルフで歩くことにすると、

   週2回ゴルフ(約20キロ)×年間52×4040,000km

地球1周するには40年かかり95歳となる勘定だ! )


 ゴルフだけでなくて、その他普段から歩く!できるだけ早足で歩く! 

 早足で歩くほど長生きするという統計がある(例えば65歳では、秒速1.1mで歩ける人は、男性の場合で、予測余命年数:約20年という)

 

 

 先週からスマホ族の仲間入りをしました(とうとう)。
 あまり気が進まなかったのですが、これまで3年間使用してきたPHSが、契約期限だか更新期限だか意味がチョット不明のメールが来て、「更新するならこのままでもいいが、この先途中で変更等をすると違約金をどっさり払ってもらう?」・・・なんだかよく分からない更新勧誘で、どうしてもらいたいのか商売の意向がわからない、客として続けてほしいのか? 途中でやめたら違約金ですよ!という脅しなのか、それって商売なの? まるで昔の公務員の世界のようだ。 ともかくよく分からない世界である。

 それでも、どうやらPHSのこの先の寿命はそんなに長くはないとの噂もあって、そこまでリスクのある携帯を持ち続ける理由もないので、この際スマホに変えようか、ということにした。
 もともとPHSを持った動機はあまりうれしくない事故が発端である。それは3年前に遡る。
 
 3年前の8月の苦い思い出はこうだ。
 場所は箱根町の「大箱根カントリークラブ」である。場所はゴルフ場だが、プレーをしたわけではなくて、女子プロゴルフのトーナメントを見に行った時のことだ。
 この日(土曜日)は、友人のSAK氏とゴルフ場内にあるプリンスホテルに宿泊して2日間のゴルフ観戦と、ぜいたくな時間を過ごしていた。土曜日は朝から雨模様であった。1番ホールのスタートを2,3組見てから9番ホールまで、当時人気が出てきたイボミ選手の組について回った。
 ハーフの2時間ばかり、雨に濡れながら、歩き回ったが、とうとう諦めてホテルにいったん戻って軽く食事をしたときに、「待てよ、電話はどうなったかな?」とザックを覗いてがっくりした。
 
 ザックの中は既にびしょびしょで、ザックのポケットに入れていた携帯もずぶ濡れだ!

 残念ながらポケットの中は水がたまっていて、携帯は水の中!

 慌てて取り出して、拭いたところで、もう手遅れ・・・。(人工呼吸したがもう手遅れ?)

 そのうち漏電したのか、電話機がジージー鳴り出して止まらない。(バッテリーの断末魔?)

 やむなく、バッテリーを外して、中のSDカードを取り出す。(これも水死!)

 その後、自宅近くの携帯(AU)屋に行って状況を話す。

 店員曰く、「この機種は製造して10年経過、現在製造中止かつ10年前の機種はサービスも

終了のため、メーカーにも送れない、あきらめるしかない」・・・と、ケンモホロロであった。

 
仕方なく、ガラケイの死を認めてデータも写真もあきらめた。
同じ時期、PCもプログラムのサービス完了のタイミングに出くわしたので、タブレット(Nexus7)に代替えし、また携帯は、電話・メール機能があればいいと、PHSとのセットで割安の購入で間に合わせたのだった。

我ながら面白い経験だが、20年間で携帯電話は各社の使用経験がある。
 初代は、 SOFTBANK
 2代目は、NTTーDOCOMO(社用)
 3代目は、AU-携帯
 4代目は、Y-mobile(PHS)
 5代目は、Y-mobile(スマホ)・・・今回始めた。


スマホを初めて1週間が経過した。
いろんな機能が多すぎて覚えるのが大変。いろんなことができるのが楽しいが、下手に触るととんでもない金が請求されそう。
少しずつ、可能性にチャレンジというところ。
ちょっぴり楽しいことが増えたようである。




 




 

◇世界選手権シリーズ◇WGCブリヂストン招待 最終日(6日)◇ファイヤーストーンCC(オハイオ州)◇7400yd(パー70

2打差4位から出た世界ランキング3位の松山英樹が1イーグル7バーディ、ボギーなしの「61」をマークし、通算16アンダーとして逆転優勝した。後続に5打差をつける圧勝。昨年10月「WGC HSBCチャンピオンズ」に続く世界ゴルフ選手権(WGC)シリーズ2勝目を挙げた。

2月「ウェイストマネジメント フェニックスオープン」以来の今季3勝目で、自身の保持する米ツアー日本人最多勝を更新する通算5勝目とした。次週「全米プロゴルフ選手権」での日本人メジャー初制覇へ弾みをつけた。

松山は「1番をしのいで、波に乗ってやれた。大きなミスもなくやれた」と笑顔で語った。

序盤2番(パー5)でグリーン奥からチップインイーグルを奪って首位に並ぶと、前半を「30」(パー35)として単独トップで折り返した。

“モンスター”の異名を持つ667yd(パー5)の16番でバーディを奪って優勝を決定づけると、17番、18番もバーディとして後続を突き放して圧倒した。

通算11アンダーの2位にザック・ジョンソン。

小平智は通算5オーバーの47位、谷原秀人は通算6オーバーの50位で終えた。


<8月7日朝5時45分に起床し、NHK・BS放送を見る。「松山選手、首位!」の活字が躍っている。目を擦り乍ら、順位表の表示されるのを待つ。13アンダーで2位と2打差。あと3ホールが残っている。目が離せないが、出勤時間も迫っている。
 やむなく出勤動作・準備に切り替えて、後ろ髪を引かれる思い?で家を出る。
 通勤電車の途中で、昨日切り替えた(PHSからスマホに切り替えたのだが)ばかりのスマホをのぞき込む。やがて、「松山選手、16アンダーで逆転優勝!」の活字が目に入る。
 やったぞ!松山選手! ・・・・・よくやった!
 買ったばかりのスマホのあちこちの記事を探しながら、通勤時間帯を過ごしたというバカみたいな年寄りだ・・・・>

 



カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[07/09 NONAME]
[04/09 エリ]
[04/08 harenov]
[04/08 エリ]
[01/28 だいき]
最新TB
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析