2007年7月発足以来続いている一期一会の飲み仲間
[1] [2] [3] [4] [5] [6]


 人形町の交差点近くに“きしめん”とだけ書いた看板の店がある。ある日、懐かしいな、と思いながら入ってみる。店内は、右側に仕込み場があって、従業員が4名。受付兼供給をお一人でこなすお姉さん(娘さん?)。その後ろに主人らしき人が、きしめんを一人でゆでている。その横に、盛り付けを担当している奥さんらしき人。右隅の窓口には、洗い場と最後に大声で、“あざっす”と大声で客に礼の挨拶をするお兄さんがいる(息子?かも)。ひょっとして家内経営かしら?と想像させられる。私は勝手に、「きしめんカルテット」となずけている。

 向かい側は、5人掛けのカウンターと、7~8人の立ち食いカウンターのみ。右側が作業場、左側が客席という、いたってシンプルな立て付けである。テーブルはない。
 メニューは、暖かいのと冷たいきしめんONLYである。そのきしめんに、トッピングとして、タヌキ、キツネ、月見、かき揚げ、海老天、まいたけ、野菜天、玉ねぎ天などが温・冷それぞれにあって、ほかに付属として、おにぎり、いなりなどをオプションで置いてある。これだけあれば、1週間に、毎日トッピング替えたら、きしめんの好きな人なら飽きないだろう。

 ある日、私は、まじめくさって窓口の女性に特別注文を出したことがある。“とろろ”はありませんか? と申し出たのである。窓口の彼女は返答に困ったのか、奥の主人に話をつないだ。主人は恭しく挨拶をしながら、こう答えた。「すみません。あいにく”とろろ”は用意しておりません。あれ(とろろ)は、材料を洗って、皮をむいて、摺って~というように手間がかかるのと、保存が難しいのでやっていません。どうぞお許しください」と説明があった。私はすかさず、「とろろは、血圧の高い人には、降圧効果があって、健康食品ですがね」と申し上げ、それ以上は失礼だから申し上げなかった。

 「名古屋きしめん」は、今から約30年前に愛知県安城市にある、東海地区の拠点勤務時代によく食べた。この地区には、もう一つ「釜揚げうどん」という名物があって、寒い時期には釜揚げうどんをよく食べた懐かしい愛好品である。
 人形町で出会った「きしめん」屋さんは、文字通り主商品・材料はきしめんのみ。ちょっとしっかり目の硬さとたれが抜群にうまい。これを温めたり冷たくしたり、そしてそれにトッピングに客が好みそうな種類を用意しただけの商売だ。やりようによって、単一商品にバリエーションを考えた商売だけで、立派に経営をしている典型的な経営モデルを見た。
 その後、勤務先が変わって、「きしめん」屋さんが遠くなってしまったのが残念である。



(下の写真は人形町の「きしめん」屋さんの客カウンター席側壁面に掛けられている写真) 

 

 凡そ、2年半近く勤務した職場を退職(正確には辞任というのだが)した男のはなし。
 特に失敗したわけでも、嫌がらせ(パワハラ?)を受けたわけでもない。もちろん、面白くないからとか、将来性がないからとかでもない。本当の理由は何だ????

 強いてあげれば、「睡眠債務(寝不足)に負けた」のである。
 2年半前、この男は、渋谷にあるベンチャー企業で近い将来IPOを目指すべく入社3か月を迎えていた。
 そんなある日、前職で一緒に監査役会を運営したことのある某会計士から、今年中にIPOを目指している会社が常勤監査役を探しているという話が持ち掛けられた。その会社の商売は、特許を持つ医療系のサービス企業で、すでに一つの商売の流れ・ソリューションがほぼ確立されており、あとは、業績を作るのみであるように思えた。男は、経営管理をうまくやれば、いけるかもしれないと期待し、二つ返事で誘いを受けた。

 こうして臨時株主総会で監査役に選任された男は、その後2年余り、じっと業績の進展を待ってきた。しかし、正直言って、ここへ来てイライラが募っていた。それは疲れていたのかもしれないが・・・。
 男は時折考えた。自分に残された時間はそんなに多くはない。そう考えると、先の見えない企業でいつまでこんな仕事を続けるのか、不安になるときがあった。それは、昨年秋頃からのある体調不良にも原因があった。それは老化現象?とも思える夜間頻尿による寝不足である。

 どんなに疲れていても、夜、床に入って約2時間もすると、尿意をもようして目が覚める。5~6時間の睡眠時間の中で、2~3回のトイレ通いは熟睡の妨げになる。その原因は、老化による前立腺肥大症であるが、こうした生活が毎日続くと、いわゆる寝不足がたまる。これを睡眠債務というらしい。健康に対する一種の債務というわけだ。昼寝したくとも、フルタイム常勤者には不可能である。

 こうした睡眠債務(寝不足)は、老化した人間には、人によっていろいろな弊害が出てくる。まず、疲れが出てくると血圧が上がってくる。更に、この男は持病の脊柱管狭窄症が時々病んで、腰の動きが辛くなる。床に横になっても腰が痛くてまた熟睡の妨げになる。加えて、通勤時間往復4時間+勤務時間9時間、計13時間の労働債務が寝不足に加重されるのである。それでも、運動の好きなこの男は、腰痛をある程度覚悟しながら、毎週3日のスイミング(1回に約1000メートルくらい)月3~4回のゴルフは欠かさなかった。ある程度の痛みは承知の上であった。

 しかし、今年の年明けになって、こうした睡眠債務(寝不足)と老化現象による苦痛に加えて、長距離勤務&フルタイム勤務等による疲れも蓄積され、体力の限界を悟った。 もうこれまで! と決心したのであった。そして3月の初めになって、社長に、現在の自分の健康状況を申し上げながら、職を辞する意向を申し上げた。男に残された仕事は、せめて、今年の株主総会までは責任を果たすことだった。男のはなしを聞いて、社長は快く承知してくれたのだ。

 それから5か月。何とか責任を果たした男の最後の仕事は、株主総会での監査報告を行うことであった。
 7月27日の株主総会で無事監査報告を行い、責任を果たすことができた。考えれば苦しい日々であった。これまで自分が体験した種々の区切り(転職、転勤、定年、退任、分社化など)を経験した中でも最も苦渋に満ちたお別れであった。負けた! そんな気がした。そして、敗因は、睡眠債務に負けたことだと認めざるを得なかった。

 そんなある日。NHKの番組に、「睡眠債務を取り返す方法」なる放送があった。もう少し早く、こんなことを知っていたらまだ負けなかったかも・・・、と思いつつ、男は、可能な限りのチャレンジを始めたのであった。


すみやかに寝るための10か条 一、午前中に日の光を浴びよ 二、食事の時間は一定にせよ 三、運動は夕方に。散歩もよし 四、カフェインは寝る3時間前までに 五、酒は寝る3時間前まで 六、寝る2時間前より強い光を避けよ 七、風呂は寝る30分前に 八、寝室は18度~26度に保つべし 九、布団でのスマホ・ゲームは御法度 十、寝なきゃとあせるべからず 監修:監修:白川修一郎さん(睡眠評価研究機構代表)

アメリカ選手はなぜ大学で伸びるのか(ゴルフ)

現 日本プロゴルフ協会会長

プロゴルファー 倉本昌弘氏

(永久シード権保持者 愛称「ポパイ」)

 

 スポーツに打ち込む日本の大学生は、あまり勉強をしないイメージが定着している。アメリカは違う。全米の大学スポーツを統括しているNCAAには明確なルールがあって、一定の学業成績を取っていないと試合には出られない。奨学金をもらうためにも学業成績は重要だ。学生である以上、文武両道が前提なのだ。(中略)

 

僕は大学を卒業後すぐテネシーに留学した。アメリカに行きたかった理由の一つには、向こうのジュニアが大学生になったころから急速に成長し、強くなるのを肌で感じていたからだ。その秘密を知りたかったし、自分もそのアメリカに行って強くなりたかった。僕が初めて海外の大会を経験したのは高校2年の時、日本とハワイの高校親善大会だった。

 

当時、日本は僕、ハワイはデビッド・イシイ、本土はスコット・シンプソンがエースと云われていた。その時は、僕の方が優位だったし、敵わないとも感じなかった。ところが、彼らは大人になってからぐんぐん強くなる。デビッド・イシイはハワイアンオープンで優勝、スコット・シンプソンはUSオープンを制覇した。年齢の近い選手では、NCAA2連覇したカーチス・ストレンジはUSオープンを2連覇。1998年にマスターズと全英オープンを制覇したマーク・オメーㇻもいる。

 

なぜだろう? 僕なりに分析した答えは、(アメリカのシーズン制)である。日本のジュニアは1年じゅう、ゴルフばかりをプレーしている。他のスポーツは殆どやらない。アメリカの中学・高校で行われるスポーツはシーズンで分けられている。春は野球、水泳、テニス、ゴルフ等、秋はフットボール、陸上、サッカー等、冬はバスケットボール、レスリング、ホッケー等。これらはほんの一例であり、何十種類ものスポーツの中から選ぶことができ、いくつものスポーツを経験することができる。

 

フレッド・カプルスがMLB(大リーグ)のドラフトにかかったのは有名な話だし、ヘイル・アーウインはアメフトのデフェンシングバックとしても活躍していた。そういう選手たちは、アスリートとしての身体能力、精神的なタフさや経験を持っている。日本のジュニアは、(さばき)はうまいが身体的な能力開発が十分されていない。だから、20歳を過ぎて大きな差がついてしまうのだと思う。アメリカのジュニアは、当面の勝負や細かな技術にこだわらない分、十代の頃技術は甘い。だが、ゴルフを自分の専門種目と決めてからの成長は目覚ましいものになる。日本も、本当の基盤づくりに目を向ける必要がある。

(週刊新潮 2018627日号 より抜粋)

 

 

<久しぶりに、プロゴルファーのホンネ?を聞いた。昔から叫ばれてきたことですが…。

確かに最近、日本では、英才教育と称して、教育パパやママがわが子をその道に進ませているのを聞く。そのせいか、昔より年齢にしてはちょっと上手な子供たち~ジュニアがいるようだ。しかし、一昔前から、倉本氏が言うように、文武両道が前提と云うことが、忘れられてきたように思う。

アメリカ選手は大学で伸びる・・・ではなく、スポーツ選手に必要な要件は、一定の学業成績(バカじゃダメ)と他のスポーツ等を適宜取り入れることによる基礎体力の養成、アスリートとしての身体能力、精神的なタフさや経験が必要というスポーツ理論が優っているという事であろう。

一流のスポーツ選手は、技術のコーチのみならず、作戦・戦術面、精神面・健康面、生活面等、色々な専属コーチを帯同しているという。個人競技に見えて、本当は、選手が抱えるこれらのコーチ・アシスタント、アドバイサー等の専門集団との団体競技の様でもある。

倉本氏の言う、本当の基盤づくり、とは、こうした周辺の整備も必要ということかもしれない>

卓球 荻村杯 シングルス 男子は張本 女子は伊藤が初優勝


このゲームを見て、痛快でした!

何んと、男女ともに中国選手を破っての優勝でした。思わず拍手しました!


(ずいぶん昔の話ですが、この大会・荻村杯の張本人・荻村選手は、私が中学生の頃、世界チャンピオンでした。60年以上前のことです)



(優勝した中学生チャンピオン・張本智和選手)

(2018610 2108分・NHKニュースより)

北九州市で開かれている卓球の国際大会、荻村杯は、最終日の競技が行われ、男子シングルスでは14歳の張本智和選手が、女子シングルスでは17歳の伊藤美誠選手が、それぞれ決勝で中国の選手を破り、ともに初めての優勝を果たしました。

続きを読む

荻村杯は、最終日の10日、男女シングルスの準決勝と決勝が行われました。

このうち、男子では、張本選手が決勝で、ロンドンオリンピックの男子シングルス金メダリストで30歳の張継科選手と対戦しました。

張本選手は、互いに3ゲームずつを奪って迎えた最終の第7ゲームで、先に相手にマッチポイントを取られましたが、勝負どころで強化してきたフォアハンドを厳しいコースに決めて、このゲームを1311で奪い、ゲームカウント4対3で逆転勝ちしました。

張本選手は、9日の準々決勝でリオデジャネイロオリンピックの男子シングルス金メダリスト、中国の馬龍選手を破るなど、強豪の中国選手を次々と破って初優勝を果たしました。

また、女子シングルスでは、伊藤選手が準決勝でゲームカウント0対3から逆転勝ちを収め、決勝に進みました。

決勝では、世界ランキング3位の中国・王曼※イク選手と対戦し、伊藤選手は、バックハンドでボールに独特の回転をかける「チキータ」と言われるショットを効果的に織り交ぜ、ゲームカウント4対2で勝ち、初優勝を果たしました。

荻村杯の男女シングルスで日本選手がそろって優勝するのは、福原愛選手などが優勝した2013年以来5年ぶりで、ともに10代の選手が強豪・中国の選手を破って優勝を果たし、2年後の東京オリンピックに向けて弾みをつけました。
(※「イク」=「日」の下に「立」)

張本「結果に驚いている」

男子シングルスで優勝した張本選手は、試合後の記者会見で、オリンピックの金メダリストを次々と破っての優勝について「組み合わせを見たときは、優勝できるとはとても思わなかった。自分でも結果に驚いている」と落ち着いた表情で話していました。

また、決勝で先に2ゲームを奪われる苦しい展開から逆転勝利したことについて「海外での大会なら、あのまま、ずるずるいって負けていたと思う。会場の大きな声援のおかげで、冷静になれたので勝つことができたと思う」と話していました。

伊藤「先手取るイメージで臨んだ」

女子シングルスで優勝した伊藤選手は、試合後の記者会見で、決勝について「3大会連続で負けている選手が相手だったので、どうしても勝ちたかった。準決勝では先に3ゲーム取られてしまったので、決勝は先手を取るイメージで臨んだのが、いい結果につながった」と振り返りました。

また、自国開催の大会での優勝について「大きな声援のおかげで落ち着いてプレーできたので、技術だけでなく精神面でも相手の選手を上回ることができたのが大きかった」と話していました。

敗れた張継科「張本は大きく成長」

男子シングルスの決勝で張本選手に敗れた中国の張継科選手は「今大会の結果が示すように、張本選手は大きく成長している。お互いにベストを尽くしていいプレーができていたと思うし、これからも戦うのが楽しみだ」と話していました。

 ゴルフのスケジュールが入っていない土曜日は、掃除をしたのち(私の担当エリアだけだが)、午前中は図書館で本探し(本荒らし?)か、行きつけの喫茶店(だいたいは、NewYorker's-Cafe か CAFE de CRIEであるが)で、諸々の資料整理やパンフを見たりして過ごす。

 この日、前日(金)の日帰り出張(JAXAつくば研究所)とその後の会食疲れ?もあって、ちょっと寝不足気味だったので、図書館行きはパスし、近場のCAFE de CRIEで読書と資料・パンフなどの確認で過ごした。約2時間余りを過ごしたのちコーヒー店を出て、家に向かう。

 自宅マンションのエントランスまで来たところで、カギを出すまでもなく、タイミングよく内側からマンション扉が開いてご婦人が出てくるところに遭遇、そのご婦人は、私を見て扉を開いたまま「どうぞ」と招いてくれたお蔭で、私は、カギを使うまでもなく中に入りながら、「ありがとうございます」と、少し声高にお礼を言いながらマンションに入った。

 我が家の玄関口まで来て、今日は天気も良く爽やかな風も入ることから、我が家の玄関扉も半開きになったままだった。ここまで、外出先から、我が家まで、全く鍵を使わずには入れた偶然は、私に家の鍵を持ってないことを忘れさせていた。鍵がないことに気が付いたのは、それから3時間後、その日の午後のランニング&ウオーキングに出かけるときである。
 
 「あれ?鍵がない・・・、どうしたことだ」。午前中出かけた時に持って行った、ミドルバッグ、のあちこちのポケットやら、服装のポケットも探すが見当たらない。終いには女房にも尋ねる。「おかしいな、おーい、家の中に鍵が落ちてなかった?」と訪ねてみるも返ってきた返事は、
「しょうがないね、歳だからどこへ置いてきたの? どこか落としてきたんじゃないの?」
そんな答えのみ。仕方なく諦めて、合鍵で外出となった。


 翌日(日曜日)も見当たらないまま、午前中の図書館通いも、午後のランニングも、夕刻のスポーツクラブにも合鍵同伴で行く。
 トレーニングが終わった帰りに、いつもの駅前隣の(前日立ち寄った)CAFEの前を通った時、ふと立ち止まった。
 ひょっとしたら、(昨日)カギを落としてないだろうか? 聞いてみよう、と立ち寄ってみる。「あのう・・・、昨日、ここの窓際で午前中コーヒーを飲んで、2時間ほどお邪魔しましたが、若しや、あの辺り(窓側を指して)に鍵が落ちていなかったでしょうか?」。受け付けてくれた店員は、すぐさま、後方で作業していた、上司らしき女性に耳打ちして、その女性がさっと私に近づいてきた。訳を話すと、すぐ頷いて「ちょっと待ちください」とカウンター後方の部屋に入っていき、ほんの数秒で帰ってきて私の前につかつかと歩み寄り、すぐさま私の前に鍵を差し出してきた。「これでしょうか?」私は思わず、「あっ、これです!。家の鍵です。助かりました!」と思わず叫んだ。「何か受領書とか名前を書きましょうか?」という私の申し出に、彼女は「結構ですよ。よかったですね」と優しく微笑みながら言ってくれた。その姿は、まるで天使のように見えた。

 考えてみたが、あの時の夏ズボンは、つるつるした化学繊維で、ポケットも滑りやすいものだった。2時間余りの椅子で、何回となく姿勢を変えたりしていた結果、ポケットから滑り落ちたものと考えられる。決して認知症の仕業ではないと思うが・・・。
 ポケットから落ちたのは認知症が原因では決してないと思うが、その可能性を思いつかなかった(思いつくのが遅かった?)のは、やはり認知症ですかね・・・?






カレンダー
07 2018/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
5 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
[07/09 NONAME]
[04/09 エリ]
[04/08 harenov]
[04/08 エリ]
[01/28 だいき]
最新TB
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析