2007年7月発足以来続いている一期一会の飲み仲間
[487] [486] [484] [483] [482] [481] [480] [479] [478] [477] [476]
 2016年の年末年始休日は、12月29日~1月4日までであった。自分としては特に計画・予定がなかったので、せいぜい家庭サービスに徹することとなった。
 
・12月31日から1月2日にかけて神奈川・伊勢原(2泊3日)に出かけた。伊勢原駅≪小田急線≫に到着して、目についたのは、「日本遺産指定・大山阿夫利神社」のポスターである。丹沢や大山には随分昔に家族でも登山したことがあるが、もう30年以上前のことである。その大山阿夫利神社までバスで30分程度との案内看板を見て、「タクシーなら20分くらいかな?」と、予定になかった行程を急遽決定。3人でタクシーに乗り込む。
 予約していたホテルに荷物を置いて、そのままタクシー乗継で大山阿夫利神社の登り口まで直行。ケーブルカーの乗り口近くまで
タクシー乗り付けとなる(そこから10分くらい階段道を上る)。伊勢原からここまでタクシー代約3,300円。一人当たり1,100円である。ケーブルカー乗車時間約10分で終点。終点駅からさらに10分くらいで神社にお参りできる。境内からの下界の眺めはなかなか素晴らしい。天気がいい夕方(4時半頃)なので相模平野から湘南海岸が見渡せる。江の島や遠く三浦半島、房総半島までかすかに見える。帰りは麓のバス停から、約20分おきに運行するバスに揺られて伊勢原駅まで帰る。やっぱり30分程度の所要時間であった。この時期としては比較的暖かい日であったが、夕方にはやはり冷えが感じられた。ただ、年末の夕刻なので、お参りの人はまだまばらで、あと数時間したら混んでくる?との現地の人のお話もあったが、いいタイミングであった。

・元旦は、朝から駅伝鑑賞。ニューイヤー駅伝という社会人の駅伝をテレビで観戦するのがいつものパターン。駅伝を途中であきらめて、小田原に出かける。約1時間後に小田原城に到着するも、残念ながら、12月31日~1月1日は場内入場休止とのこと。ウーン、事前調査不足を嘆く。されば、と時間はちょうど昼時なので、城の堀端通りにあるちょっと名の知れた手打ちそばやさん、「田毎そば」に向かう。が、残念!、お店は正月三ヶ日休業でした。ホテルに戻り、ニューイヤー駅伝の状況は如何に、とスイッチを入れると、予想に反して(失礼)トップは、「旭化成」という。18年ぶりに22回目の優勝という。 ・・・おめでとう旭化成チーム!!

・2日に自宅に帰り年賀状を拝見。最近は、特に新しい友人・知人は少ないので、新たに返礼する人も少ない。ここ10年来、(10年で3社に勤務・体験している)会社勤めは継続しているが、いずれの会社でも、社内間での賀状のやり取りはしていない。したがって、毎年頂く賀状は、随分古くからの知人・友人たちが多い。
 
以下、頂いた賀状が気になった人たち。
  
 ◇「まだ現役続行? そろそろやめたら?」
・・・前々職の同期生SH氏(昔、定年を迎えた
       私に
再就職を薦めた人、それから20年も現役続行することになったのであるが

 ◇「昨年19ラウンド、平均95でした。飛ばなくなりました!」・・・前々職の同寮生(浜松の
       名門コースのメンバーさん・・・因みに、私は36ラウンド、96でしたが


 ◇「昨年3月で勤務をやめ、家庭菜園楽しんでます・・・ブログ見てます!」・・・前々職の同
       僚SMさん(山梨時代に10年間お世話になった同僚。<ブログ見てます!>には 
       感激しました。うれしい賀状でした

 
 ◇「たまには飲みたいねー」・・・前職取締役会のメンバーSB氏(そういえばしばらく彼と
       会っていない・飲んでいない。今年は何とか機会を作りたい


 ◇「昨年はとうとう飲めませんでしたが、今年は是非」・・・郷里の先輩YM氏(昨年、60数
       年振りに再会した旧友。あの時の古い写真はぼやけてましたが…。また会いま
       しょう


・年賀状が届いてないことが気になった人
 1月も10日を過ぎると、だいたい年賀状も終了の時期と理解して整理をしたが、中に毎年やり取りをしている人から便りのない人が二人いた。
 そのうちの一人は身内であるが、ちょうど年末年始にかけて当家の電話(固定電話)が一時不通になったこともあって、携帯電話の番号を知らせる用向きで電話してみた。
 夫人曰く、「やっぱり虫の知らせですかねー」といって、事情を語る。
「12月22日、兄は、仕事の帰りに車を運転中(直進中)に、横道から右折車が急発進してきて衝突され、ろっ骨2本を骨折と腰骨を強打して入院中、命に別条はないが、回復には数か月を要する。車・軽自動車は大破した。・・・責任度合いは、2:8ないし1:9と考えられている」由。
 
 今一人、気になる人がいる。前職の同僚・総務部長のT氏からの便りが途絶えている。昔、お互い勤務時代はゴルフのライバルで、一緒に出掛けてはラウンドで1~2打の差で競い合った仲だ。彼は会社を退職してから、ゴルフ練習に打ち込み、とうとうシングルハンデを取得したという噂を聞いていた。今ならとてもかなわない腕前になっているのだが、どうしたことだろう?。
これまでも毎年年賀状の交換でお互いの無事を確認し合ってきた仲なのであるが・・・、心配である。

<お付き合い度合いや、親密度にもよるが、いつもあるものがなかったり、電話やメールが途絶えたり・・・、と云うときは、やっぱり何か事情がある・変わるということだろうと思い知らされた新年であった>





       



コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[07/09 NONAME]
[04/09 エリ]
[04/08 harenov]
[04/08 エリ]
[01/28 だいき]
最新TB
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析