2007年7月発足以来続いている一期一会の飲み仲間
[417] [416] [415] [414] [413] [412] [411] [410] [409] [408] [407]
冥王星に近づく探査衛星「ニューホライズンズ」(想像図)右上は冥王星の衛星カロン=米航空宇宙局(NASA)提供

 【ワシントン=川合智之】米航空宇宙局(NASA) の無人探査機「ニューホライズンズ」が14日午前8時(日本時間午後9時)ごろ、冥王星に最接近した。探査機は2006年の打ち上げから9年半かけて48 億8千万キロメートルを飛び、太陽系の果てにたどり着いた。多くの謎に包まれていた冥王星に接近して観測するのは初めてで、地球を含む太陽系の成り立ちの 解明が期待される。

 直近の撮影で冥王星の直径は2370キロメートルと月の3分の2ほどとわかった。最近の写真では、直径100キロメートルほどのクレーターや、巨大な谷などの地形が判別できる。

 鯨に似た形の暗い部分や、白いハート形の模様も見えた。北極は、窒素の氷で覆われているようだ。

 探査機は、最接近時にさらに高精細な写真を撮影して地表や大気の様子を探り、今後、地球へデータを送る。

・・・・・2015/7/15日本経済新聞 電子版・・・・・

 <冥王星 : 太陽系の9番目の惑星! と教えられて、“水・金・地・火・木・土・天・海・冥”
 と太陽からの近い順として暗記した時代があったが・・・、今は(2006年8月 国際天文学連合総会にて)「準惑星」に分類されているそうだ。
 地球から48億8000万キロ離れている(太陽から59億キロとか)というが、どれほどの距離か想像できないのだが、・・・・気の遠くなる話【まさに天文学的な話】である。>
 
☆ざっと試算すると、
       秒速16キロだと・・・1日当たり、1382千キロ飛ぶ
       9年半で飛ぶ距離・・3465日×1382千キロ≒4,788,630キロ≒48億キロ

☆ちなみに、2010年に小惑星「イトカワ」から帰還した日本の小惑星探査機「はやぶさ」は、
7年間(一時期迷走したようだが)で3億キロを往復したと言われている。


 


コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[07/09 NONAME]
[04/09 エリ]
[04/08 harenov]
[04/08 エリ]
[01/28 だいき]
最新TB
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析