2007年7月発足以来続いている一期一会の飲み仲間
[511] [510] [509] [508] [507] [506] [505] [504] [503] [502] [501]

 4月25日の小さな出来事。
 前夜から家の中(大して広くない貧民窟だが)を必死に探したが見当たらない。仕方なく、今日は忘れたことにしようと出かける。ある病院の診察券が見当たらないの

 
 それにしてもどこへ紛れ込んでしまったのか???・・・自分の整理の悪さ、だらしなさに自虐的になる。それを横目で見ながら、家内もあきれ顔している。
 考えてみると、あの病院には3か月前に行ってそれなりに月日が経っているので、必死に当日のことを思い出そうとするが、認知症気味?の自分には思い出すのも無理な話だ。もらった記憶もなければ、しまった記憶もない。

 いつもよりちょっと早めに病院に到着。手続きをして診察の順番を待つ。30分くらいして診察室に呼ばれ、Dr.と二言三言問診・会話があって、ハイ、終了となった。やがて、保険証(後期高齢者保険証)の確認があって診察は終わり。「あのう、診察券が見当たらないので、再発行してもらえませんか?」と聞くと、それは受付・精算窓口ですからと言われ、精算のための窓口に申し出る。窓口の事務員が、「再発行には200円かかりますが、よろしいですね?」と念を押され了承した。
 待つこと5分。その事務員が言う。「本日の診療代は1,380円です。それから、診察券はこちらでお預かりしてました。その旨カルテにメモがありました。どうぞ」と云って診察券が・・・。

 どちらが忘れたのかわからないが、私が忘れたのであれば仕方がないが、そちらが私に渡すのを忘れたのなら(多分その確率が高いのだが)、何かお詫びの一言があってもおかしくない。だが、その時の窓口担当者と今日の担当者は違うみたいで、何の一言もない!
 「えっ?そう、見当たらないために2日間も必死に探したのに・・・」、と精一杯の嫌味を言って病院を後にした。
 それなら電話の一つぐらいくれてもいいのに・・・、というのが私の周りの皆さんの常識意見であった。とっさの、気の利いたお詫びのない病院・窓口担当者である。
 
 ときおり、あんな窓口の人がいるのです。
忙しいのでつっけんどん。何か聞かれると面倒くさい顔をする。いろんな患者が本当にすがる思いで病院に来ているのに、冷たい仕打ち、やってあげてるという態度。お客様への感謝の気持ちを忘れた職員、白衣の天使と云われた優しい、温かい態度や動作等が感じられない人たち。
 自分が、これからますますお世話になる機会が多くなりそうな人々に、冷たくあしらわれそうな、暗い気持ちになります。もう少し優しさを!温かい心を!と思うのですが…。


 

 


コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 8 9
10 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新CM
[07/09 NONAME]
[04/09 エリ]
[04/08 harenov]
[04/08 エリ]
[01/28 だいき]
最新TB
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析