2007年7月発足以来続いている一期一会の飲み仲間
[428] [427] [426] [425] [424] [423] [422] [421] [420] [419] [418]

 先週の土曜日に、『高齢者講習』に行ってきました。
 地元(管轄)の教習所では予約が取れないため、域外の民間(警察ではなく、唐木田にある民間のT自動車学校)教習所まで、電車を乗り継いで早い時間のスケジュールに参加しました。
 同じ仲間4人と約3時間の講習。1回当たり収容人数10人程度とのことでしたが、時間が早かったせいか幸い少人数で実施されました。それでも1日3回の教習スケジュールがあり、時間が早めだったので空いていたのかもしれないが、他の3人は近隣(多摩地区?)の人のようでした。

 ◆最初は座学でテキスト等による、交通安全情報や高齢者に関わる交通事情やニュースの紹介でした。主なニュースは次の通り。
   ・平成26年度の全国交通事故死者数   4,113人
     <14年連続して減少している。ピークは昭和45年で死者数 16,000人>

 死者数が減っているのは、ルールの徹底や取り締まり強化もあるが、一番大きいのは、
   自動車の性能UP
 だという。
   ・平成26年度の都内交通事故死者数    172人
     このうち、歩行中事故          68人(39.5%)
          自転車乗用中         38人(22.1%)
          二輪車乗車中         45人(26.2%)
          自動車乗車中         21人(12.2%)
           (21人のうち、7人はシートベルトを着用していなかった)
     年齢層別では、
          65歳以上の高齢者      65人(37.8%)
          50歳代の人         22人(12.8%)
     道路形状別では
          交差点や交差点付近     129人(75.0%)

     高齢者死亡事故の特徴(65歳以上65人・37.8%)
          このうち歩行者横断中     29人(44.6%) 
              自転車乗用中     16人(24.6%)
           (お年寄りは、横断歩道や自転車乗用に注意!)
  ☆ 高齢者の行動特性
     〇近づいてくる車の速度感や距離感が正確につかめない
       ⇒車両の直前を横断し始めることがある。
     〇歩行速度や反射速度が遅くなり、とっさの行動がとりにくい
       ⇒横断の途中で立ち止まったり、引き返したりすることがある。
     〇視線が足元に集中するため、前方の様子を見落としたりする
       ⇒信号を見落として、横断してしまったりする。


  いずれも参考となる講義であった。
  <以下、次回へ続く>
 


コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新CM
[07/09 NONAME]
[04/09 エリ]
[04/08 harenov]
[04/08 エリ]
[01/28 だいき]
最新TB
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析