2007年7月発足以来続いている一期一会の飲み仲間
[552] [551] [549] [548] [547] [546] [545] [544] [543] [542] [541]

★師走ともなればいろいろ珍しい・年1回のご挨拶もある。
 突然電話があって・・・、
「やあ、お久しぶりです。元気ですか?」
 そんな挨拶が、やがて、「では1日(金)の6時頃去年の場所で…」となって、新宿で1年ぶりの再会である。元前々職場の同僚とここ3年ほど、毎年1回の飲み会となった。彼ももう57歳になったようだ。「また常務と一緒に仕事したいですね」というセリフが気になったが、また会おうぜとお別れした。おとなしい真面目な男である。

 
★こちらは年2回目の会合であるが、数年前まで定番であった、「渋谷・宮益坂」の裏通りにあるフランス料理酒場で前前々職場の友人達との集い。本日の主役は、私の昭和45年来の大先輩のTAJ氏の「喜寿」の祝いである。氏とは、私が東京に出てきて以来47年間のお付き合いである。仕事の手ほどきからプライベートのことまで本当に身内のように≪兄貴と思っている≫お世話になった人である。今も毎月1回は、ゴルフのお付き合いをしながら、友情を確かめ合っている中である。
 いつまでも健康で! と、お互いに励まし合っている。


★師走の土曜日ともなれば、いつも通っているスポーツクラブに行く途中の郵便局前(街頭)で、年賀はがきを売っている。昔、(少なくとも10年前ころまでは)年賀はがきは郵便局の窓口で売っていたと記憶している。
 いつの間にか、それがコンビニの店頭で売られるようになり、最近では、郵便局職員が店頭(外)で売るようになった。
 この日は少し寒かった。郵便局前の店頭で販売していたので、ちょっと寄り道してハガキを眺めてみた。はがきは、裏面が無地のものと、裏面に印刷をしたものが10種類ほどあった。印刷したものは、5~10枚セットで価格は、ほぼ無地の2倍ほどであった。「寒いのに外で販売するのは大変だね…」と声をかけながら、この日は財布を持ち合わせてなかったのでそのまま素通りした。
 次の週の土曜日に再びその前を通って、売り場の前に立っていた管理職らしき人に声をかけた。「あれっ? 裏面に印刷したものはないですか?」と尋ねたら、その管理職曰く、「印刷したサンプルは郵便局の中にあります。月~金曜の郵便局の営業時間中に見れます」という。
 「じゃ、私の様に月~金で働いているものは見れないのですね」とぶつぶつと独り言。

 そのオジサンはぴんと来なかったようですが、
本当は、私の様な日中勤務している人間は、郵便局まで行ってみる機会がないので、今週もまた先週の様に、ここに展示してほしかった!そんな気持ちは分かってくれなかったようで、ちょっぴりさみしい思いをしながら、そこを去りました。

 年末も近くなると(11月頃)、毎年のように「年始ご挨拶を失礼させていただきます」というご挨拶?が来る。そちらは「喪中」かもしれないが、此方はさにあらずだから、出しても失礼ではないと思うが・・・、そうでもないらしい。年賀状には、1年のご無沙汰・状況報告とご挨拶の意味もあると思うので、そちらは「喪中」でも、此方は無事・・・だから、此方の様子とか抱負を聞いてほしい・・というのは許されるのでは?と思うのだが・・・。年賀状程度しかやり取りしない間柄では、(身内等に)不幸があると、最長2年近くも音信不通になってしまう。こんな風習はいかがなものか?

 でも最近では、割り切って、メールとやらで自由に連絡取り合っている若者もいるようだ。
 音信不通よりは、それの方がお互いにクラくならなくていいかもしれない。時代は少しづつ変わってきているようだ。それでいいのかもしれない。

★「会社の忘年会」 というと、だいたい課・部・事業所単位とか、小さい会社だと全社一緒にといった単位が多いだろう。私の会社では、所帯が小さい(社員30人足らず)・中小企業なので、全社で行うことになっている。だが、その際に、常日頃お世話になっている取引先、研究開発会社として外部の専門家や顧問・コンサル等の先生方、中には大株主(数人)まで出席して頂く、まさに社内外関係者合同(?)忘年会でもある。しかも会費制というところが変わっている。
 今年は11日(月)に、会社近くのホテル・レストランで開催された。総勢70人程度。
 所々に、会社、関係者、先生等のご挨拶があって盛り上がる。中には飛び入りのご挨拶もあってやんややんやの拍手喝采のうちに中締めとなる。
 帰り支度をして、早々に帰路につこうとしたら、どなたかからある方の紹介があって名刺交換をした。 頂いた名刺を見ると、元某生命保険会社出身の方である。双方で、いろいろ昔話をしていたら、思いがけなく共通の知人がいることがわかり、不思議な縁というか世間は狭いという話に花が咲いて、短時間であったが、心強い友人ができた思いがした。

★ スマホに変更してから、時々、昔の友人から、LINEが来るようになった。
本日(14日)、久し振りにご挨拶があった人は、HAG氏である。「タイから帰ってきたけど、日本は寒いね」というご挨拶だ。「まだ、精勤しているの? GOLFはどう?」と聞いてきた。
 人形町まで、健康増進・老化防止でいっているよ。⛳は月3~4回で、平均スコアは95位だよ、と答えた。
 
 彼とのゴルフで思い出すのは、2009年11月に山梨に遠征した時のことだ。彼は、バーディーパットを外し、「お先に」と云った返しのパットも外したことを後日、こっそり私がブログにアップしたら、そのブログを彼がみつけて、「あれは私のことですね」と云ってきたことがある。あれから8年が過ぎた。そんな懐かしい思い出が、久し振りにLINEでつながったのがうれしい限りである。

 
 
 


コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


カレンダー
06 2018/07 08
S M T W T F S
1 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新CM
[07/09 NONAME]
[04/09 エリ]
[04/08 harenov]
[04/08 エリ]
[01/28 だいき]
最新TB
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析