2007年7月発足以来続いている一期一会の飲み仲間
[533] [532] [531] [530] [529] [528]
 

   山梨・勝沼のブドウ屋さんと、年1回のコミュニケーション(ブドウ狩り)

を行うようになって、かれこれ20年以上となる。

 時季的には、9月の第1週か2週目を目安にしている。このころが、各ブドウの味が良くて、いろんな種類が豊富である。あまり遅くなると(10月過ぎ?)ものによっては、時季が早い種類(出回る時期が早い種類)のものはなくなってしまうことがある。

 今年は、7月から8月にかけて天候が不順(特に8月は雨が多く、日照りが少なかった)な時期があったので、素人的にどうかな?と心配していた。

 

 今年は、親戚・知人等に送付するために2週目に発注した。残念ながら、現地訪問がかなわぬので、FAX注文である。翌日、FAXの到着確認の電話をしたら、若旦那曰く、

「じつは電話をしようと思っていましたが、いつものメインにしているピオーネが不作で困っています。これは、ちょうど色と甘みが付くころの7月から8月の天気が不順で、全く収穫できません。生育不十分なものは、色がつかなくて、生育したと思われるものでも粒が不揃いで、中には粒が割れてしまうものが多いので売り物になりません・・・・、他の品種はそうでもないのですが・・・、困りました。今年は、ピオーネは全滅です! すみません」

と泣き声でいう。

 

ブドウ栽培のポイントは、太陽がすべてです。(お気の毒ですが)今年は、<ピオーネは>あきらめるしかないとのことでした。

 

 

   9月11日(月)付のメールにあまり心当たりのない個人名(女子)のメールがあった。はて誰だろう? とよく見ると、末尾の発信人に「如水会」とあった。

 メールの書き出しに、

「*本メールは、昨年度並びに本年4月以降の如水会主催の講演会に、お申込みいただきました皆様に秋の講演会ご案内の一斉メールをさせていただいております。」

 

「如水会」とは、一橋大学のグループ法人の一つである。種々の活動を行っているようだが、私は、時折この会や一橋大学が主催する「大学開放講座」に参加する機会があった。今回も約1年ぶりに参加した。

 講座のタイトルは、

第440回一橋大学開放講座

国境、そして企業の境界を超える分業

~日本企業の課題~

と題する講義で、仕事に直接関連はないが、自己研鑽・教養講座という位置づけで受講した。

 

 会場は、いつもの如水会館(竹橋にある)である。この会館には、このような講義で数回通ったことがあるが、それとは別に忘れられない記憶・思い出がある。

 今から40年余り前のことだが、ここ如水会館は、一橋大学卒業の友人・(故)KIK氏の結婚式が行われた場所である。今の建物は、その後建て直されたものと思う。

彼は頭脳明晰で、頭の回転の早さは抜群、周囲には彼に敵う人はいなかった。私は、当時、丸の内の事務所にあった財務部門で一緒に仕事をしたが、時折、新宿で盃を酌み交わした中である。彼は、30歳過ぎにこの如水会館で結婚披露宴を行ったが、席上、ギタリストだった奥さんが、仲間とギター演奏したことが印象に残っている。

 残念ながら、彼は定年を前にこの世を去った。惜しい逸材である。合掌

 


コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[07/09 NONAME]
[04/09 エリ]
[04/08 harenov]
[04/08 エリ]
[01/28 だいき]
最新TB
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析